マイカーリースの仕組みとは?駐車場は必要?

マイカーリースの仕組みとは?駐車場は必要?

マイカーリースの仕組み

マイカーリースとは、利用者がカーリース会社と契約することで、月々の定額料金の支払いのみで車を利用できるサービスのことです。車は契約時にカーリース会社が新たに購入するため、自分の好きな車種を新車として乗ることができます。マイカーリースでは、カーリース会社が車の所有者となりますが、使用者は自分名義にすることが可能です。そのため実質的にはマイカーのように使用できるのです。ただし車の所有者は飽くまでカーリース会社となるため、契約期間が終了した後は返却しなければなりません。カーリース会社やプランによって契約期間は異なりますが、基本的には3~5年以上のところが多いようです。月々のリース料金に関しても、カーリース会社によって様々です。たとえば軽自動車の場合、毎月のリース料金を10,000円以下に抑えることも可能な場合もあります。逆に輸入車の場合、リース料は高くなります。それぞれのカーリース会社によって力を入れている車種が異なるため、自分にあったカーリース会社を選びましょう。ところで月々の定額料金はどのように設定されているのでしょうか。多くのカーリース会社は、車に残存価格を設定しているようです。残存価格とは、契約期間終了後のその車の想定価格のことを指します。たとえば3年契約の場合、3年後にその車がどれくらいの価値を持つのか想定した価格が残存価格です。マイカーリースのリース料金は、車本体の価格から残存価格を引いた、残りの価格を元に計算していきます。そこに諸々の税金・自賠責保険料・車検の費用などが加わります。そしてさらにサービス利用料が加算されていく形です。このような仕組みによってリーズナブルに車を利用できるのが、マイカーリースの最大の特徴なのです。

マイカーリースのメリット

初期費用が必要ない

マイカーリースのメリットとして、初期費用がかからないことが挙げられます。
まず頭金がいりません。もし新車を自分で購入しようと思ったら、多くの場合ローンを組む必要があります。この時、だいたい10%以上は頭金が必要になることが多いようです。それに対してマイカーリースでは、基本的に初回から定額料金を支払うだけでいいのです。
また頭金だけでなく、新車購入にかかる税金や、各種事務手数料、自賠責保険料もリース料金に含まれているため、初期費用としてかかるのは車庫証明取得の手数料のみです。まとまったお金がなくても、実質的にマイカーを持つことができるというのが、マイカーリースのメリットです。

維持費用も一部リース料金に含まれている

マイカーリースでは、車検費用や自動車税も毎月の料金にふくまれています。この二つは車の維持費用の中でも特に高くつくため、気にせずに利用できることは大きいと言えるでしょう。ただしすべての維持費がかからないわけではありません。車検以外のメンテナンスや、消耗品の交換、洗車は自分で払う必要があります(ただし、こういった定期的なメンテナンス込みのプランを用意しているカーリース会社もあるそうです)。また、燃料費と駐車場料金も自分で支払う必要があります。

自分専用の新車が用意される

リーズナブルに車を利用できるシステムとして、マイカーリース以外だとカーシェアリングが挙げられます。カーシェアリングでは、会員費登録をすることで30分から数時間ほどシェアリング用の車を使用することができます。必要な費用は会員費と、その都度加算される利用料です。カーシェアリングでは新車を利用できませんし、自分だけが自由に利用できる車が用意されるわけでもありません。しかしマイカーリースを利用すれば、自分専用の新車を豊富な車種の中から選ぶことができます。もちろんその分カーシェアリングの方が月額の料金は安くなりますが、「自分専用の新車をリーズナブルな価格で利用したい」という方にとってマイカーリースはとても魅力的なサービスになります。

マイカーリースのデメリット

ドレスアップやカスタマイズができない

リース中の車は、使用者は自分名義になりますが所有者はカーリース会社になります。そのためもちろん車のドレスアップやカスタマイズは禁止されています。もしカスタマイズをしてしまうと、返却時に違約金等を求められることもあります。自分の自由に車をドレスアップしたりカスタマイズしたりしたい方には、マイカーリースは向いていないと言えるでしょう。

距離制限がある

マイカーリースでは、ひと月の間に走行していい距離の上限が設けられています。もしその上限を超えて走行した場合は、追加で料金を求められることが多いのです。設けられている走行距離の上限については、それぞれカーリース会社によって違います。自分が月々どのくらい走行するか計算し、設けられている上限内に収まっているか確認しておきましょう。

駐車場は必要?

マイカーリースを利用する場合、駐車場が必要になります。なぜならマイカーリースでは車庫証明手続きが必要となるからです。車庫証明手続きとは、新車購入の際に車の使用者が車庫(駐車場)を確保していることを警察署に届け出る手続きです。この手続きをするために、あらかじめ契約する駐車場を決めておく必要があるのです。車庫証明手続きを済ませないとマイカーリースの契約が正式に決まらなくなるので注意しましょう。自宅に駐車場が無く、他で借りる必要のある方はマイカーリースを契約する前に駐車場を探しましょう。

関連記事
>月極駐車場を安く借りたいあなたへ!安い月極駐車場の探し方